芸術鑑賞会、音楽鑑賞教室の重本音楽事務所 トップへ小学校向け音楽鑑賞会、音楽鑑賞教室のご紹介中学校向け芸術鑑賞会、音楽鑑賞教室のご紹介高校向け芸術鑑賞会、音楽鑑賞教室のご紹介行政機関向け文化振興事業、生涯学習、文化体験事業のご紹介出演者、演奏家、舞台関係の方へ芸術鑑賞会、音楽鑑賞教室の重本音楽事務所について重本音楽事務所へのお問い合わせ

吹奏楽団ニューフィルハーモニア・ウィンド・オーケストラ

親しみやすいユーモラスな曲や人気の曲、鑑賞教材など、
吹奏楽オーケストラならではの曲目と、充実したサウンド

迫力と説得力


ニューフィルハーモニア・ウィンド・オーケストラ

当楽団は、1971年、SONY社により、レコーディングを目的として、吹奏楽の指導者たちで編成された「フィルハーモニア・ウインド・アンサンブル」が母体となっています。
活動の場は吹奏楽コンクール自由曲の録音など、放送、録音関係の他、1989年には、つくば国際音楽祭に参加するなど、各種演奏会、イベントに至るまで幅広い演奏活動を行っております。
また、定期演奏会を行うなど、研究発表も意欲的に取り組んでおり、特ににスクールコンサートでは、楽しいプログラムと判り易い解説で大好評をいただいております。
親しみやすいユーモラスな曲や人気の曲から、ポップスや鑑賞教材、コンクール課題曲まで、ウィンドオーケストラならではの曲目と、充実したサウンドをお楽しみ下さい。

ウィンド・オーケストラの特徴
・同じ編成の管弦楽のオーケストラと比較すると、はるかに音量が大きい。
(小編成でも充実したサウンド)
・青少年に親しみが深い管楽器によって編成されている。
・オーケストラの曲から、行進曲、アニメの主題歌まで、レパートリーが非常に広い。

音楽監督・団長 大川克夫 プロフィール

国立音楽大学在学中から演奏活動を始め、卒業後、東京佼成ウィンドオーケストラに入団。ソリスト、コンサートマスターとして活躍。1976年、東京にてリサイタル、1979年、静岡にてリサイタル。吹奏楽コンクール審査員として指導的役割を果たす一方、東宝オーケストラの客演奏者として数多くのミュージカル公演に参加。その長いキャリアの集大成として当楽団を編成し今日に至る。

プログラム例(約90分)

  1. ニューフィルハーモニア・ウィンド・オーケストラオープニング
    行進曲「威風堂々」/エルガー
    主よ人の望みの喜びよ/バッハ
  2. 楽器の紹介
    各楽器1本ずつ紹介いたします
  3. 吹奏楽でしか聴けない名曲
    吹奏楽のための組曲第1番/ホルスト
    第1楽章 シャコンヌ
    第2楽章 間奏曲
    第3楽章 行進曲

    < 休 憩 >

  4. 代表的な楽器をフィーチャーして
    トランペット吹きの休日/アンダーソン
    クラリネット・キャンディー/アンダーソン
    チャルダッシュ/モンティ
    フニクリフニクラ/デンツァ
  5. ポピュラー&映画音楽
    ディズニーメドレー
  6. エンディング
    交響詩「フィンランディア」/シベリウス

監修:生涯学習音楽指導員 重本昌信

[メンバー構成] 18名より ほかスタッフ