芸術鑑賞会、音楽鑑賞教室の重本音楽事務所 トップへ小学校向け音楽鑑賞会、音楽鑑賞教室のご紹介中学校向け芸術鑑賞会、音楽鑑賞教室のご紹介高校向け芸術鑑賞会、音楽鑑賞教室のご紹介行政機関向け文化振興事業、生涯学習、文化体験事業のご紹介出演者、演奏家、舞台関係の方へ芸術鑑賞会、音楽鑑賞教室の重本音楽事務所について重本音楽事務所へのお問い合わせ

岡田知之パーカッションアンサンブル

日本初の打楽器アンサンブルとして結成以来40余年
マリンバなどメロディー楽器も大活躍

打楽器のすべてを体験


岡田知之 パーカッション・アンサンブル

日本で初めての打楽器アンサンブルとして1975年に誕生した、岡田知之打楽器合奏団が進化発展し、岡田知之パーカッションアンサンブルとなりました。
打楽器界の第一人者、岡田知之の監修のもと、打楽器の魅力を追求し続けており、数多くの打楽器系グループの目標として位置づけられています。
公演は、大型マリンバや和太鼓、珍しいアフリカの民族楽器など、世界のさまざまな打楽器を駆使した演奏を、判りやすい解説とともに展開します。現代的な曲からラテンリズムの軽快な曲、日本の曲まで多彩なプログラムで飽きることがありません。
打楽器界の権威・岡田知之のもとに寄せられる数々の最新の曲と情報によって醸成されるオリジナリティが大きな魅力です。

音楽監督 岡田知之 プロフィール

岡田知之1960年東京芸術大学卒業。
1971年、79年、81年にはベルリンフィルの日本公演に参加。
NHK交響楽団で永年活躍した後、国立音楽大学教授を経て、洗足学園音楽大学学部長、同大学打楽器研究所所長を歴任。現在は名誉教授および洗足学園音楽大学打楽器研究所名誉所長、札幌大谷大学芸術学部客員教授。
NHK交響楽団理事、日本吹奏楽指導者協会副会長、国際芸術打楽器協会日本支部長ほか数多くの役職を務めている。全日本吹奏楽、管打楽器コンクール審査員。
著書に「打楽器事典」「ティンパニー教本」「新吹奏楽講座」「小太鼓100曲集」、執筆に「音楽中辞典」「世界音楽大事典」などがある。

プログラム例(約60分)

  1. BODY PERCUSSIONハロー・ディズニー/ディズニーメドレー
    オープニングは楽しい曲にのって打楽器たちが次々と登場
  2. 剣の舞/ハチャトゥリアン
    おなじみの曲を打楽器アンサンブルで
  3. アフリカンファンタジー/フィンク
    アフリカの珍しい民族打楽器を使ったお祭りの曲
  4. マリンバ四重奏
    「大きな古時計」/ワーク
    「熊蜂の飛行」/リムスキーコルサコフ
  5. 和太鼓和太鼓アンサンブル 八木節
    和太鼓をかけ声と共に打ちならします
  6. アメリカンパトロール/ミーチャム
    鼓笛隊が近づいてきてだんだん遠ざかる様子
  7. 幻のトレイン/継田和広
    サンバなどを織り込んだにぎやかな曲

※曲と曲の間に楽器の説明を入れながら進行します。
※アンコールは、身体まで楽器にしてしまう曲を用意しています。
※「みんなで歌おうコーナー」を入れることも可能です。

監修:生涯学習音楽指導員 重本昌信

[メンバー構成] 6名または9名 ほかスタッフ