芸術鑑賞会、音楽鑑賞教室の重本音楽事務所 トップへ小学校向け音楽鑑賞会、音楽鑑賞教室のご紹介中学校向け芸術鑑賞会、音楽鑑賞教室のご紹介高校向け芸術鑑賞会、音楽鑑賞教室のご紹介行政機関向け文化振興事業、生涯学習、文化体験事業のご紹介出演者、演奏家、舞台関係の方へ芸術鑑賞会、音楽鑑賞教室の重本音楽事務所について重本音楽事務所へのお問い合わせ
トップ > お知らせ > 公演時の感染予防対策

公演時の感染予防対策

当社では文部科学省のガイドラインに沿って、出演者等に対して以下のような感染予防対策を行っています。
観客(児童生徒)に対する感染予防対策は、主催者側でお願いいたします。

  • 出発前に検温を行い、発熱など体調不良の者は参加しない
  • 公演日前2週間以内に濃厚接触があった者、海外渡航歴のある者は参加しない。
  • 会場入時の検温、手指の消毒、校内でのマスク着用
    公演中のマスク着用は、演奏等に支障が出る場合はマウスシールドに変更など 
  • アルコールの消毒液を舞台袖、楽屋等に設置します。
  • 管楽器の感染予防対策(吸水シートなど)
  • 必要に応じて、業務用次亜塩素酸空間除菌器の持込(映画館にある機種)
  • 必要に応じて、可動式アクリル板の持込
  • 舞台上での予防対策は、東京都交響楽団の検証結果新日本フィルハーモニー交響楽団の取組み に準じます。
  • 体育館公演の場合は、舞台袖を楽屋として使えるように準備をお願いします(楽団により事情が異なるため、打合せ時に再確認)

※最新の検証結果や専門家の意見に基づいて、必要と思われる対策をしていますが、根拠のないことや無意味なこと、演奏に支障が出るようなことは出来かねます。


プログラムを感染予防版に変更します

  • 出演者と観客が接近して触れあう演出は、当分の間、行いません。
    (体験コーナー、客席練り歩きなど)
  • 観客は整然と着席して鑑賞することを前提に演出を行います。
  • 感染リスクを少なくするために、公演時間を若干短くすることを推奨します。
  • 無理にアンコールをしない(観客が大声を出さないように)

参考までに

クラシック音楽事業協会、日本オーケストラ連盟、日本演奏連盟や全国の音楽ホールなどが合同で、2020年7月11日から13日にかけて、長野県茅野市の新日本空調技術開発研究所の高清浄度実験室(クリーンルーム)で飛沫感染の検証を行いました。これはNHKテレビでも報道されたのでご存知の方も多いと思います。その結果を要約すると以下の通りです。 《客席実験》マスク着用であれば、「1席空けた着席」でも「連続する着席」でも、飛沫などを介する感染のリスクに大差ないことが示唆されました。 《舞台実験》従来の間隔で演奏した場合でも、ソーシャル・ディスタンスをとった場合と比較して、演奏時に飛沫などを介する感染リスクが上昇することを示すデータは得られませんでした。