芸術鑑賞会、音楽鑑賞教室の重本音楽事務所 トップへ小学校向け音楽鑑賞会、音楽鑑賞教室のご紹介中学校向け芸術鑑賞会、音楽鑑賞教室のご紹介高校向け芸術鑑賞会、音楽鑑賞教室のご紹介行政機関向け文化振興事業、生涯学習、文化体験事業のご紹介出演者、演奏家、舞台関係の方へ芸術鑑賞会、音楽鑑賞教室の重本音楽事務所について重本音楽事務所へのお問い合わせ

東京楽竹団

竹は、自然と人間の共生を考える21世紀の素材
その竹の芸術に身をゆだねる驚きと至福の時間


自然との共生を考える

東京楽竹団日本の文化に深く関わっている竹を使い、楽器を創造し新しい響きを創り出す人々の集まりが「東京楽竹団」。
音作りは、メンバーが竹林に入り一本一本切り出す作業から始まります。
楽器から演奏まで、一貫した「ものつくり」を特徴とし、オリジナル曲・アレンジ曲を取り混ぜ、音楽性・パフォーマンス性の高い表現で、刺激と安らぎに満ちた舞台作りを目指しています。
竹マリンバを中心に、アジア各国の竹楽器や日本の竹製伝統楽器の尺八、さらには大小様々な竹の創作楽器を加えた「竹のオーケストラ」は世界でも類のないアイデアを満載して、子どもたちの創作意欲をかきたてるでしょう。

プログラム例(約70分)

  1. 東京楽竹団戦颱風(せんたいふう)
    中国の軽快な曲でオープニング
  2. 童神~天の子守歌~
    どこか懐かしい沖縄のメロディーを、オルゴールのような竹の響きで
  3. 竹の大地
    大地から竹が生えてくる様子や、その力強さを表現した、動きのある曲
  4. 日本の歌メドレー(公演時期に合わせた季節の曲)
    さくらさくら、茶摘み、祭り、赤とんぼ、椰子の実 など
  5. 楽器紹介
    上を向いて歩こう
    シクロに乗って
    アンダー・ザ・シー
    Take me out to the ball game
  6. 花(喜納昌吉)
    沖縄で生まれ、世界中で愛されている普遍的名曲
  7. 島唄
    波筒で奏でられる波の音に乗って、美しい沖縄音階の旋律が尺八によって 奏でられます。
  8. ジュラ紀(オリジナル曲)
    二人の奏者の対決が見せ場の、フィナーレにふさわしい曲です

監修:生涯学習音楽指導員 重本昌信

[メンバー構成] 5名 ほかスタッフ