芸術鑑賞会、音楽鑑賞教室の重本音楽事務所 トップへ小学校向け音楽鑑賞会、音楽鑑賞教室のご紹介中学校向け芸術鑑賞会、音楽鑑賞教室のご紹介高校向け芸術鑑賞会、音楽鑑賞教室のご紹介行政機関向け文化振興事業、生涯学習、文化体験事業のご紹介出演者、演奏家、舞台関係の方へ芸術鑑賞会、音楽鑑賞教室の重本音楽事務所について重本音楽事務所へのお問い合わせ

日本ニューフィルハーモニック管弦楽団

音楽教育を目的とした各地の教育委員会主催の音楽鑑賞会では、青少年に対する
真摯な演奏態度が好評を呼び、各市町村教育委員会からの依頼公演が数多い

音楽を通しての人間教育


日本ニューフィルハーモニック管弦楽団

「音楽を通しての人間教育」という理念に基づき、その主旨に賛同するN響を始めとする各オーケストラのOBなどのベテラン演奏家たちと、新進気鋭の若手演奏家たちによって結成されました。
1979年3月、第1回定期演奏会を開催。東京で10番目のオーケストラとしてNHKほかの各局でニュースとして取り上げられ、大いに反響を呼びました。同年、TV朝日の「題名のない音楽会」にも登場し、その後親子コンサート、長門美保歌劇団との共演、各地での「第九」コンサートなど幅広く活動。2009年には結成30周年公演を開催、サントリーホールが満員御礼となり話題となりました。CDも国内外で多数発売されている一流オーケストラの演奏は大きな感動を呼ぶでしょう。

音楽監督・常任指揮者 上野隆史 プロフィール

上野隆史 1979年、発起人の一人として日本ニューフィルハーモニック管弦楽団を結成。
以来、同管弦楽団の発展のために、多くのコンサート及び、オペラ、テレビ出演、レコーディング等と多角的に成功させた。
1993年にはウクライナ共和国に招かれ、独立後日本人として初めてキエフ国立歌劇場管弦楽団、ウクライナテレビ放送オーケストラ、フィルハーモニーオーケストラを指揮し、大成功を収める。
2002年、ウクライナ各地で開催された音楽芸術フェスティバルに招聘されるなど、今後も世界に向けて大いなる活躍を期待されている。
現在、ウクライナ国立芸術大学名誉教授、キエフ音楽院客員教授。

プログラム例(約70分)

  1. 指揮者体験コーナーで指揮する生徒「天国と地獄」序曲より/オッフェンバック
  2. ハンガリア舞曲第5番/ブラームス
  3. 楽器の紹介
    弦楽器-アイネクライネ・ナハト・ムジークより第1楽章
    管・打楽器-各楽器1本ずつ紹介いたします
  4. 美しく青きドナウ/シュトラウス
  5. タイプライター/アンダーソン
  6. トランペット吹きの子守歌/アンダーソン
  7. 組曲「白鳥の湖」より「情景」/チャイコフスキー
  8. バレエ組曲「ガイーヌ」より「剣の舞」/ハチャトゥリアン
  9. 指揮者コーナー カルメン使用 生徒2~3名参加
  10. カルメン組曲より「フィナーレ」/ビゼー

*上記は一つの例です。プログラムは、先生とご相談の上、各校オーダーメイドを作成いたします。

監修:生涯学習音楽指導員 重本昌信

[メンバー構成] 小編成から60名程度まで予算に合わせて編成

おもな公演実績(教育委員会関連の連合音楽鑑賞教室)

  • 埼玉県朝霞市小中学校連合音楽鑑賞会(平成元年~ )
  • 埼玉県川口市小中学校連合音楽鑑賞会(平成3年~8年・平成14年~ )
  • 東京都大田区小学校連合音楽鑑賞会(昭和54年~平成14年/平成18年~)
  • 東京都杉並区小中学校連合音楽鑑賞会(平成元年~10年)
  • 東京都八王子市小中学校連合音楽鑑賞会(平成4年~12年)
  • 東京都福生市小中学校連合音楽鑑賞会(昭和63年より毎年実施)
  • 東京都羽村市小学校連合音楽鑑賞会(平成8年~9年・14年~)
  • 東京都小金井市小学校連合音楽鑑賞会(平成16年~)
  • 東京都瑞穂町小中学校連合音楽鑑賞会(平成4年~8年)
  • 栃木県小山市小中学校連合音楽鑑賞会(平成6年)
  • 長野県東信地区高等学校連合芸術鑑賞会(平成8年)
  • 神奈川県秦野市全小学校巡回公演(平成10年)
  • 栃木県栃木市中学校連合音楽鑑賞会(平成10年)